• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 着物など身につけるものの端の部分。

    1. 「笄 (かうがい) にて、障子ごしに袴 (はかま) の―を刺しければ」〈曽我・六〉

  1. 着物などを身につけたようす。着こなしのぐあい。

    1. 「袴の―烏帽子つき、河津殿にさも似たり」〈浄・大磯虎〉