• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記范雎 (はんしょ) 伝から》ちょっとにらまれたくらいのうらみ。わずかなうらみ。

「―は人を欺く笑 (えみ) の衣に包めども」〈漱石・幻影の盾〉