[動マ五(四)]

  1. 目をいからしてじっと見る。鋭い目つきで見る。「じろりと―・む」

  1. 精神を集中し、視線を動かさずに見つめる。事態を注意してよく見る。「局面を―・む」「情勢を―・む」

  1. 見当や目ぼしをつける。「あやしいと―・む」「共犯者がいると―・んだ」

  1. (ふつう「にらまれる」の形で)注意を要する人物、好ましくない人物として、目をつける。「ボスに―・まれたらおしまいだ」

  1. 前もって考慮に入れる。計算に入れる。「彼の発言は明らかに総選挙を―・んだものだ」

出典:青空文庫