《またたきをする間の意》きわめて短い時間。またたく間。また、何かをした、そのとたん。「事故は―の出来事だった」「声を聞いた―子どものころを思い出した」「決定的―」

出典:gooニュース