• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

矢をむだに射ること。

「ただ今の矢一つでは、敵 (かたき) 十人は防がんずるものを。罪つくりに、―に、とぞ制しける」〈平家・九〉