1. 狩り場の口開けに、初めて矢を射ること。また、そのときにする神事や儀式。

    1. 「其所に於て山神―等を祭らる」〈吾妻鏡・一三〉

  1. 矢で射られた傷口。

    1. 「抜き捨つる―より流るる血は滝なって」〈浄・本朝三国志〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース