• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戦いを始める合図に、矢を双方から射合うこと。多くは鏑矢 (かぶらや) を用いた。

「橋の両方のつめに打っ立って―す」〈平家・四〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉