1. 矢の数。

  1. 矢を射て、的に当たった数。

  1. 通し矢などのとき、矢の数を競うこと。特に江戸時代、陰暦4、5月ごろ、京都の三十三間堂で行われたものが有名。 夏》大矢数 (おおやかず) 

  1. 矢数俳諧」の略。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

[夏/行事]の季語