• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 矢の当たった所。矢を受けたあと。矢傷。

    1. 「鎧 (よろひ) に立ったる―を数へたりければ六十三」〈平家・四〉

  1. 矢を射るときの目標。

    1. 「―近にひゃうど射るならば」〈義経記・四〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉