• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

たくさんの矢を射かけられて動けないこと。

「その矢、冬野の霜に臥したるが如く折りかけたれば、―に立って働かず」〈太平記・二六〉