• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 矢の竹の部分。矢柄 (やがら) 。篦 (の) 。

  1. (矢竹)イネ科の植物。山野に生え、茎は高さ約4メートル、直径約1センチで、節から枝を出し、先に披針形の葉を数枚つける。葉の裏面は白い。夏、緑色の花穂をつける。茎は節と節との間が長いので、矢柄として利用した。しのめ。しのべだけ。やじの。の。

[生物/植物名]カテゴリの言葉