• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鎧 (よろい) などで、矢が立つすきま。

    1. 「甲冑をゆり合はせゆり合はせ、―をたばひて振舞へば」〈盛衰記・三五〉

  1. 矢狭間 (やざま) 」に同じ。

    1. 「櫓 (やぐら) の上、―の陰に、人形を数千万立て置きて」〈太平記・三八〉