• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「老子」56章から》物事をよく知り抜いている人はみだりに口に出して言わないが、よく知らぬ者はかえって軽々しくしゃべるものである。