• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

知小謀大の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

見識が浅いにもかかわらず、大きなことを企てること。自分の力を考えず、むやみに大きな計略をめぐらすこと。▽「知小」は知力が乏しいこと。「謀大」ははかりごとが大きいということ。「知」は「智」とも書く。
出典
『易経えききょう』繋辞けいじ
句例
知小謀大の愚、知小謀大のそしりを受ける
類語
知小言大ちしょうげんだい

知小謀大の解説 - 学研 四字熟語辞典

見識や力もないのに、分不相応に大きな計略をめぐらすこと。
注記
「知小」は、知力・見識に乏しいこと。「謀大」は、はかりごとの大きいこと。
表記
「知」は、「智」とも書く。「知小」を「知少」と書きちがえない。
出典
『易経えききょう』繫辞けいじ・下

キーワード[身の程知らず]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。