• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

特定の皇族・貴族または社寺に、ある国の知行権を与える制度。また、その国。知行国主は子弟・近臣を国司に推薦し、別に目代 (もくだい) を送って現地の国務に当たらせ、収入の大部分を収得した。院政時代に発達。分国。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉