• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉後期から江戸中期にかけて作られた全7巻33段の絵巻物。石山寺創建の縁起と、本尊の観音菩薩の霊験譚 (れいげんたん) を描く。本文の成立は正中年間(1324~1326)であるが、絵の制作年次は、第1~3巻は高階隆兼 (たかしなたかかね) の画風に似て最も古く、第5巻もほぼ同時期、第4巻は明応6年(1497)土佐光信筆、第6、7巻は江戸時代、谷文晁 (たにぶんちょう) 筆。重要文化財