石川啄木の解説 - 小学館 大辞泉

[1886~1912]歌人・詩人。岩手の生まれ。本名、一 (はじめ) 。若くして「明星」に詩を発表し、与謝野鉄幹に師事。口語体3行書きの形式で生活を短歌に詠んだ。評論「時代閉塞の現状」、歌集「一握の砂」「悲しき玩具」、小説「雲は天才である」など。

石川啄木の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
岩手県南岩手郡日戸村(現・盛岡市玉山区日戸)
生年月日
1886年2月20日 うお座
没年月日
1912年4月13日(享年26歳)