• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 古墳時代に、遺体の頭部をのせた石製の枕。くぼみがある。石棺の底面につくりつけたものと、棺とは別のものとがあり、前者は西日本、後者は東日本に多い。

  1. 陶製の枕。夏、昼寝などに用いる。陶枕 (とうちん) 。 夏》

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[夏/生活]の季語