• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清涼殿の東庇 (ひがしびさし) の南端にあり、土を盛り上げ、石灰で塗り固めて板敷きと同じ高さにしてあった壇。天皇が毎朝、伊勢神宮内侍所 (ないしどころ) を拝した所。石灰の間 (ま) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉