• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太閤 (たいこう) 検地以降、検地によって耕地や屋敷を上・中・下・下々の四等級に分け、それぞれの等級に応じて公定された反当たりの標準収穫量。石高の算出や年貢賦課の基準ともなった。斗代 (とだい) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉