• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ四]岩の上や間を水が激しく流れる。水が岩に当たってしぶきをあげる。
  • 「―・りたぎち流るる泊瀬川 (はつせがは) 絶ゆることなくまたも来て見む」〈・九九一〉

[枕]

  1. 岩で水がとびちる意から「垂水 (たるみ) 」にかかる。

    1. 「―垂水の上のさわらびの」〈・一四一八〉

  1. 「近江 (あふみ) 」「神奈備山 (かんなびやま) 」などにかかる。

    1. 「―近江の国の楽浪 (ささなみ) の」〈・二九〉