• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、浦賀・大坂・長崎などで、入港する廻船に課す税。積み荷の数量にかかわらず、その船の石数に応じて徴収した。こくぜに。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉