[名・形動]どうにでもなれという気持ちであること。また、そのさま。やけ。「破れかぶれになる」「破れかぶれな(の)気持ちで家を出る」

出典:青空文庫