破戒無慙の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

戒律を破っているのに、それを恥と思っていないこと。また、そのさま。▽仏教語。「破戒」は、僧侶そうりょが守るべき不殺生ふせっしょう不偸盗ふちゅうとう不邪淫ふじゃいん不妄語ふもうご不飲酒ふおんじゅの五つの戒めを破ること。「慙」は恥じること。「慙」は「慚」とも書く。
句例
破戒無慙の行為
用例
女のもとへ通いつづける破戒無慙の僧の一念も、ひとしく情熱という怪物に支えられているのだろうか。<瀬戸内晴美・比較>

破戒無慙の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教で、僧が戒律を破っているのに、それを恥と思っていないこと。転じて、約束を破って、平気でいる人。
注記
「破戒」は、出家した者が守るべき五つの戒めを破ること。「慙」は、恥じること。
表記
「慙」は、「慚」とも書く。「戒」を「壊」、「慙」を「残」「暫」などと書きちがえない。

破戒無慙の解説 - 小学館 大辞泉

戒律を破りながら良心に恥じないこと。

キーワード[約束]の四字熟語

出典:青空文庫