明治18年(1885)、尾崎紅葉山田美妙石橋思案らが結成した文学結社。機関紙「我楽多文庫 (がらくたぶんこ) 」を発行。巌谷小波 (いわやさざなみ) 広津柳浪川上眉山泉鏡花小栗風葉らが前後して加わり、明治20年代の文壇の主流となった。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫