• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃義経千本桜」の二段目「渡海屋」「大物浦」の段が、人形浄瑠璃および歌舞伎で上演される際の通称。義経に復讐 (ふくしゅう) しようとした平知盛が再び敗れ、碇綱をからだに巻いて海中に沈む。