• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. はっきりとしているさま。確実でまちがいのないさま。たしかに。「夕方のことで―は見えなかった」「―相違ありません」

  1. かたく、しっかりと。また、十分に。完全に。しっかと。「地盤を―固める」「―考えてみる」

  1. すきまなく。びっしりと。

    1. 「廻廊に―並み居たり」〈太平記・三〉

[補説]「聢」は国字。