• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

継体天皇21年(527)に筑紫の国造 (くにのみやつこ) 磐井が大和朝廷に敵対して起こした乱。新羅 (しらぎ) に奪われた南加羅を復興するために任那 (みまな) に向かう朝廷軍を、新羅と結んだ磐井が妨害。朝廷は物部麁鹿火 (もののべのあらかび) を派遣してこれを制圧した。