• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ下二]《「そ」は「いそ(磯)」の音変化》
  1. 潮風のために、木の枝や幹が地面をはうように延びる。

    1. 「荒磯 (あらいそ) の波に―・れて這 (は) ふ松はみさごのゐるぞ便りなりける」〈山家集・中〉

  1. 風になびく。

    1. 「くれたけのおきふし風に―・れきてよなよな秋とおどろかすなり」〈秋篠月清集