潮風のために、木の枝や幹が地面にはうように生えていること。また、その木。

「をちこちに花咲きぬれば鷺のゐる―の松に見ぞ紛へける」〈散木集・一〉