《英語 society の訳語として「社会」を当てたのは、明治初期の福地桜痴(源一郎)である》

  1. 人間の共同生活の総称。また、広く、人間の集団としての営みや組織的な営みをいう。「―に奉仕する」「―参加」「―生活」「国際―」「縦―」

  1. 人々が生活している、現実の世の中。世間。「―に重きをなす」「―に適応する」「―に出る」

  1. ある共通項によってくくられ、他から区別される人々の集まり。また、仲間意識をもって、みずからを他と区別する人々の集まり。「学者の―」「海外の日本人―」「上流―」

  1. 共同で生活する同種の動物の集まりを1になぞらえていう語。「ライオンの―」

  1. 社会科」の略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース