• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 国家が神社を待遇するうえで設けた格式。日本書紀崇神天皇七年の条には天社 (あまつやしろ) 国社 (くにつやしろ) を定めたとあり、律令体制が整ってからは式内社式外 (しきげ) 社官幣社国幣社および二十二社などの別があった。明治4年(1871)太政官布告により全国の神社は官社諸社に大別された。前者には各大・中・小の官幣社国幣社、および別格官幣社、後者には府県社郷社村社無格社の区分があった。昭和21年(1946)神社の国家管理と社格制度は廃止。

  1. 会社の、その業界での格づけ・ランク。