• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「礼記」檀弓下から》国家の危急存亡のとき、その危難を一身に引き受けて、事に当たる臣。国家の重臣。