• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃時代物。五段。中邑阿契 (なかむらあけい) ・豊竹応律 (とよたけおうりつ) ・黒蔵主 (こくぞうす) らの合作。宝暦7年(1757)大坂豊竹座初演。「信長一代記」を題材とし、特に四段目の「金閣寺」が有名。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉