• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

祖沖之の解説 - 小学館 大辞泉

[429~500]中国、南朝宋の数学者・天文学者。字は文遠。数学書「綴術 (てつじゅつ) 」では、円周率の近似分数7分の22(約率)、113分の355(密率)、近似値3.1415926が記述されていたと伝えられる。大明暦を作成したことでも知られる。

[地学/地学の人物]カテゴリの言葉

[数学/数学の人物]カテゴリの言葉