• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ四]《後世は「ほぐ」》
  1. よい結果が得られるよう祝いの言葉を唱えて神に祈る。ことほぐ。

    1. 「あしひきの山の木末 (こぬれ) の寄生 (ほよ) 取りて挿頭 (かざ) しつらくは千年―・くとぞ」〈・四一三六〉

  1. 相手をのろって神に祈る。

    1. 「矢を取りて―・きてのたまはく」〈神代紀・下〉