《「のりと」の音変化》

  1. で、神仏に祝詞 (のりと) として捧げる。また、その初めに奏する囃子 (はやし) 

  1. 歌舞伎下座音楽の一。神仏に祈祷 (きとう) するとき、大鼓・小鼓・能管で奏する。

  1. のりと」に同じ。

    1. 「宮人にてましまさば―を参られ候へ」〈謡・蟻通

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉