• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代、神霊の鎮座すると信じられた山や森。かみなび。かんなび。

「―の山下とよみ行く水に」〈・二一六二〉