• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神が感応すること。また、その感応。

「―あらたにて、夢の中に御すがた見奉る事度々になりにけれども」〈発心集・八〉