《「かみくら(神座)」の音変化》

  1. 神をまつるために奏する舞楽。宮中の神事芸能で、先行の琴歌神宴 (きんかしんえん) などに、石清水八幡 (いわしみずはちまん) などの民間の神遊びを取り込み、平安時代に内侍所御神楽 (ないしどころみかぐら) として完成。楽人は左右の本方 (もとかた) 末方 (すえかた) の座に分かれ、歌い奏し、主要部分では舞を伴う。御神楽 (みかぐら) 。

  1. 諸社、民間の神事芸能で、神を迎え、その御魂を人々の体内にいわいこめる一連の儀礼中に行われる歌舞。採物 (とりもの) 神楽(出雲 (いずも) 神楽・巫女 (みこ) 神楽)・湯立 (ゆだて) 神楽伊勢神楽)・獅子 (しし) 神楽など、多くの系統がある。 冬》

  1. の舞事の一。女神・巫女などが幣束を持って優美に舞う。また、その囃子 (はやし) 。笛を主に、大鼓・小鼓・太鼓が特有の神楽の譜で演奏される。

  1. 狂言の舞事の一。また、その囃子。笛と小鼓の囃子で、巫女が鈴と扇を持って舞う。の神楽とは別の曲。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。能管・太鼓・大太鼓ではやす。3からの流用で、時代物の神社の場面などに用いる。本神楽。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語

出典:青空文庫

出典:gooニュース