• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

講談神田派の名。

(初世)[?~1873]幕末から明治初期に活躍した講談師。川崎の生まれ。本名、斎藤定吉。初世神田伯竜の門弟。特に「天一坊」が得意で、川柳に「伯山は天一坊で蔵をたて」と詠まれた。
(2世)[1841~1920]本名、玉川金次郎。初世の門弟。「幡随院長兵衛」などを得意とした。のち、松鯉 (しょうり) と改名。
(3世)[1872~1932]本名、岸田福松。2世の門弟。「清水次郎長伝」などで有名。

出典:gooニュース