• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

芥川竜之介の短編小説。大正11年(1922)1月、雑誌「新小説」に発表。宣教師オルガンティノと日本の霊を名乗る老人のやり取りを通じ、日本におけるキリスト教受容の特殊性を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉