《古くは「ひもろき」》

  1. (神籬)神事で、神霊を招き降ろすために、清浄な場所に榊 (さかき) などの常緑樹を立て、周りを囲って神座としたもの。のちには、神の宿る所として室内・庭上に立てた、榊などの常緑樹もいう。

  1. (胙・膰)神に供える肉・米・餅 (もち) など。ひぼろぎ。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉