• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

1815年、ウィーン会議ののちにロシア皇帝アレクサンドル1世の提唱により、ロシア・オーストリア・プロイセン3国の君主の間で結ばれた同盟。キリスト教の正義・博愛・平和の原則に基づく相互協力・平和維持をうたい、ウィーン体制の維持を目的とした。のちには、イギリス国王・ローマ教皇・トルコ皇帝を除く、ヨーロッパの全君主が加入した。