• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神領の一。一郡を神社の所領とし、租税を諸祭料などの費用にあてた。奈良時代には、伊勢の多気・度会 (わたらい) の二郡、常陸 (ひたち) の鹿島、下総 (しもうさ) の香取などがあった。かみぐに。しんぐん。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉