• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「しんぷうれん」は「じんぷうれん」とも》明治9年(1876)10月、熊本に起こった反政府暴動。新政府の開明政策に不満を抱く旧士族太田黒伴雄らが結成した政治団体の神風連(敬神党)が、国粋主義を掲げて鎮台・県庁を襲撃、まもなく鎮圧された。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉