《「じんぷうれん」とも》太田黒伴雄 (おおたぐろともお) らを中心に、保守派の旧士族で結成された政治団体。復古主義を唱え、神風連の乱を起こした。敬神党。
十一谷義三郎の長編歴史小説。昭和7年(1932)から昭和9年(1934)にかけて福岡日日新聞に連載。単行本は昭和9年(1934)に上下2巻で刊行。同年、溝口健二監督により映画化。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉