[動ラ五(四)]

  1. 儀式をととのえて神霊をなぐさめ、また、祈願する。「先祖のみ霊 (たま) を―・る」「死者を―・る」

  1. 神としてあがめ、一定の場所に安置する。「菅原道真を―・ってある神社」

  1. 上位にすえて尊ぶ。

    1. 「微妙な、奥ゆかしい礼儀が、自然と忍を上に―・る結果に」〈横光・家族会議〉

[可能]まつれる

出典:青空文庫