• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神霊を祭った跡をとどめる遺跡。日本では、古墳時代以降、人・動物・器物をかたどった祭具を用いて、海・山・石などを祭った遺跡をよぶことが多い。福岡県沖ノ島遺跡が有名。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉