1. 神仏・祖先をまつること。また、その儀式。特定の日を選んで、身を清め、供物をささげて祈願・感謝・慰霊などを行う。祭祀 (さいし) 。祭礼。俳諧では特に夏祭をさす。 夏》「宵に睡 (ね) て又目の醒 (さ) めし―かな/草田男

  1. 特に、京都賀茂神社葵 (あおい) 祭

  1. 記念・祝賀・商売・宣伝などのために行うもよおしもの。「港祭り」「着物祭り」

  1. 江戸の日枝 (ひえ) 山王神社神田明神の二大祭りのこと。

    1. 「―には御かしなさいと暑気見廻」〈柳多留・一八〉

  1. 男女の性交。→御祭 (おまつ) り

    1. 「仲人は宵の程、もはや―が渡ったと」〈浄・八百屋お七

  1. (比喩的に)ブログなどで、特定の個人・企業などが社会的に問題がある言動をしているのが他のユーザーに発見され、広く知れ渡ること。インターネット内の騒動にとどまらず、職場や学校・警察・マスコミなどへの匿名の通報に至るケースもある。炎上。「飲酒運転の告白が祭りに発展した」